トップ

豊胸手術脂肪注入法で理想の胸を

豊かな胸は女性の象徴とも言えます。わたしはAカップととても小さな胸のため、豊かなバストの女性を見るととても羨ましくなってしまう20代の女性です。

これまで、なんとかしてせめてBカップにはなりたいと思い、胸が大きくなるという体操やマッサージ、ジェルなどを試してきました。しかし、何をやっても成果を実感することはできず、今も変わらずAカップのままです。

そこで、頑張って働いてそれなりに貯金も貯まってきたので、今回思い切って豊胸手術をしてみようと思っています。ただ心配事があって、豊胸手術をしたことが周囲にばれてしまうのではないかという事が気になっています。

そこで豊胸手術にはどんな種類があるのかを調べてみると、豊胸手術には色々な種類があることが分かりました。周りにばれることだけは避けたいので、ばれない豊胸手術を探すことにしました。

PR:豊胸手術で理想のバストに。

・豊胸手術の種類
豊胸手術には幾つかの種類があります。最も歴史のある方法は、シリコンバック注入法です。半永久的に効果を持続させることができるというメリットがある反面、一ヶ月程度痛みなどのダウンタイムがあります。この方法は一度に2カップ以上サイズアップが可能なため、とにかく胸を大きくしたいという人には向いていますが、わたしのように周りに気付かれずに豊胸手術をしたいという人には向いていないように思います。

次に脂肪注入法という豊胸手術は、自分の体の気になる部分の脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入するという方法です。自分の脂肪を使うのでアレルギーの心配がなく安心です。また、脂肪を注入してバストアップを図るので、感触なども自然でパートナーにも気付かれにくいというメリットがあるようです。デメリットとしては、注入した脂肪の多くは体内に吸収されてしまうので、生着率は高くなく、30~50%程度ということです。また、脂肪がしこり化する可能性もあるのだそうです。

手軽にできる豊胸手術として人気があるのは、ヒアルロン酸注入です。ヒアルロン酸は元々体内に存在する成分なのでアレルギーなどの心配はありませんし、メスを使わないのでダウンタイムも少なく自然な仕上がりになる、というのが魅力だそうです。しかし、注入したヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、効果の持続期間は1~2年です。

・ばれない豊胸手術とは?
シリコン注入法はサイズが一度に大きくなる上に触感も硬めになるため、ばれたくない人には不向きな方法です。周囲にばれずに豊胸手術をしたい人は脂肪注入法やヒアルロン酸注入がおすすめのようです。

しかし、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、もちが悪いという難点があります。周囲にばれずに、しかも効果の持続期間も長い方法と言えば、一番良いのが脂肪注入のようです。

・わたしは脂肪注入に決めました!
色々調べてみて、いきなり胸が2カップ以上大きくなるし履行注入法は、周囲にばれてしまう危険が高いので、わたしの中では論外だなと思いました。しかし、周囲にばれにくいとは言えシリコン注入も、せっかく思い切って豊胸手術をするのに、効果の持続期間が短いので、心もとないように感じました。

バストアップのマッサージや体操など色々試してきて、これまでいまひとつ効果を実感できなかったので、今度こそ目に見える成果が欲しいというのが本音。

わたしにとって念願だった豊胸手術。色々調べて考えた結果、周囲にばれない上に、バストアップと痩身が同時にでき、効果も半永久的に続く脂肪注入の施術を受けることに決めました。

Copyright © ばれない豊胸手術なら脂肪注入法 All rights reserved