トップ / 豊胸手術のアフターケアについて

豊胸手術を受けた後は

豊胸手術を受けた後はしっかりアフターケアを行うことでしこり化やカプセル拘縮が起こるリスクを防げます。では、具体的にどのようなアフターケアを行うとよいのでしょうか。まずは、シリコンバッグ注入法を受けた後のアフターケアと注意点をご紹介します。

シリコンバッグを注入したあとは2~3日は絶対安静にしていましょう。できれば休めるようであれば仕事も休んだほうが良いでしょう。手術後すぐに激しく動くと体に大きな負担を与えてしまいますし、シリコンバッグという異物を体に入れたことへの拒絶反応も出やすくなってしまいます。

そして、抜糸が終わるまでは入浴は避けて、シャワーで済ませるようにしましょう。抜糸が済むとバストのマッサージを始めます。きちんとマッサージを行うか行わないかでバストの仕上がりは大きく変わってきます。

また、手術後にバストを圧迫することは避けなければいけません。手術後2週間はブラジャーの着用は避けましょう。病院によってはバストを圧迫しないニップレスを販売しているところもありますので、手術を受けた病院に聞いてみると良いかもしれません。

次に脂肪注入法を受けた後のアフターケアと注意点をご紹介します。ばれない豊胸手術と人気の脂肪注入ですが、術後2~3週間は激しい運動は完全に避けて、安静にしなければいけません。そして、その間にしっかりとマッサージを行います。

このマッサージが不十分だと注入した脂肪が石灰化してしまいます。また、脂肪を吸引した部分も痛みや腫れがあるかもしれませんがマッサージを忘れずに行いましょう。マッサージは自己流ではなく医師の指導を受けて、その方法に従うことが大切です。

以上の点に注意して理想のバストを手に入れましょう。

Copyright © ばれない豊胸手術なら脂肪注入法 All rights reserved